飛行機が欠航になったら(LCC編)

前回は国際線の飛行機が大幅な遅延になった場合の話しでしたが、今回は飛行機が欠航になってLCCに乗れなかった話しです。

しかも前回の台北訪問から1か月も経っていないときに。
2か月連続で「遅延」と「欠航」を経験しました。

【チケット手配】
今回の台湾は「台湾の航空会社全社搭乗制覇」する為の訪問です!!
これまで色々な航空会社に乗ってきましたが、台湾の航空会社を全社制覇しようと思うと残りは「タイガーエア台湾」、「ユニエア」、「徳安航空」になってました。

そこで一番乗る事が難しい「徳安航空」のルートマップを見るとすべての路線が離島路線でした。
台湾も日本と同じように島国なので、高雄や台東から離島に向かう短距離の路線です。

色々と日程を考えた結果、このようなチケットを手配しました。

≪スケジュールとチケット代金≫
6月12日 IT213便 大阪/関西 18:25 ⇒ 台北/桃園 20:15
6月13日 B78721便 台北/松山 10:00 ⇒ 台東 11:00
6月13日 DA7303便 台東 13:00 ⇒ 緑島 13:20
6月14日 DA7304便 緑島 13:50 ⇒ 台東 14:10
6月14日 B78728便 台東 18:10 ⇒ 台北/松山 19:10
6月15日 IT212便 台北/桃園 13:55 ⇒ 大阪/関西17:35
6月15日 NH1709便 大阪/関西 19:25 ⇒ 福岡 20:40

IT(タイガーエア台湾) 支払総額 ¥26,927
B7(ユニエア) 支払総額 ¥17,164
DA(徳安航空) 支払総額 ¥7,836
NH(全日空) 支払総額 ¥8,400

<広告>



【広島から台北まで】
まずは、自宅のある自宅から関西空港まで新幹線と特急を利用して移動です。
広島に住んでいると安いLCCに乗るために新幹線に乗らないといけないので最終的に安くない場合が多々あります・・・。

関西空港からは初めて乗るタイガーエア台湾です。
機内はLCCらしく狭いので、大人しく過ごしました。

〈タイガーエア台湾〉

美味しいと評判の機内食を注文してたので、食べてみると確かに美味しい!!これは注文する価値はあるかも。
台湾人は預け荷物を預けたり、機内食を注文したりする人が多かった様に感じました。

〈注文してた海鮮ビーフン〉

台北では荷物を持って移動したくなかったので、台北駅近くのカプセルホテルに宿泊です。

〈宿泊した品格子旅店〉

【台北から緑島まで】
台北に到着した翌日の朝、まずは国内線にのるため市内の松山空港へ。
台北駅からは地下鉄を利用するとあっという間です。

松山空港から利用するユニエアも初めての搭乗です。
座席はチェックインの際に決まりますが、空席が多かったのかあっさりと窓側が取れました。

〈ユニエアに搭乗〉

実はこの時から翌日の不運な出来事を予言する兆候がありました!!
これから向かうのは台湾の東側に位置する緑島です。
しかしこの日、台湾の西側の離島へ向かう便が相次いで欠航になってました。
自分に関係ない情報は見ても、気にしない限り他人事になってしまうようです!!

ユニエアで台東に到着すると雨だった台北では考えれないくらい晴れてて南国を感じる気温と湿度でした。
南に来たんだな~と思うと気が緩んでしまいます!!

〈快晴の台東空港〉

そして次に乗る徳安航空も初めての搭乗です。
台東空港はとてもコンパクトで利用客も少ないので、セキュリティチェックは出発時刻の20分前に開始です。
搭乗口まで進むとテレビで機内安全ビデオの映像が流れてました。

〈ゲートの機内安全ビデオ〉

飛行機はプロペラ機の19人乗りなので、ゲートから飛行機までは歩いて移動です。
座席に座るとコックピット内が覗けるくらい小さな飛行機です。

〈徳安航空に搭乗〉

離陸して数分すると着陸に向けてアプローチ開始です。
すぐに緑島が見えてきました。

〈コクピットの計器が見えました〉

〈よく見ると白波が立ってます〉

緑島では強風が吹いてたせいで、かなり揺れながらの着陸でした。
緑島到着後は空港のすぐ近くのホテルを予約してたのでチェックインを済ませてレンタルの電動バイクで島を一周してみました。

台東~緑島間の飛行機は朝、昼、夕の一日3往復です。
なので、夕方便に時間を合わせて空港近くの灯台へ行って写真を撮るつもりでしたが、予定より30分待っても来ませんでした。

〈灯台から見た緑島空港〉

ホテルに戻ってネットで調べると「欠航」に!!
その時、すでに台風並みの強風が吹いてたので、翌日の飛行機が飛ぶかどうか不安になってきました。

【飛行機が欠航に】
緑島から台北まで戻る日、朝から強風だったのでホテルのフロントで問い合わせてみてもらったら、

「今日は全便が欠航みたいよ」

と・・・。

一瞬、途方に暮れましたが、
ホテルの方がとても親切で代案として緑島から台東までの高速船をすぐに予約してくれました。

そして高速船の出発する港へ行くと「波が高いので高速船も全便欠航」の表示が!!
この時点で、この日は緑島から脱出できない事が決定です!!

そこでやらないといけない事がたくさん!!

〇14日のホテルを確保
→宿泊してたホテルに戻ってフロントですぐに確保

〇徳安航空の払い戻し
→空港が近かったので、カウンターに行って払戻しの手続き(全額払戻し)
→14日と15日の全便のキャンセル待ち申し込み

〇ユニエアの変更
→普通運賃で予約してたので、電話で翌日の便に変更(無料)

〇タイガーエア台湾の変更
→電話で翌日の朝の便に変更(変更料として¥17,480)

〇全日空のキャンセル
→日本へ電話を掛けてキャンセル(欠航証明証を提出する条件でキャンセル料なし)

〇14日の台北のホテルをキャンセル
→予約サイトのコールセンターへ電話してキャンセル(無料)

〇15日の福岡のホテルをキャンセル
→予約サイトのコールセンターへ電話してキャンセル(無料)

このようにたくさんの手続きが必要でした。

通常、LCCだと予約した便に乗れなければ自動的にキャンセルで別の便を買い直しだけど、運良くタイガーエア台湾は変更料と運賃の差額を払えば便の変更ができるので出費が大きくならなくて良かったです。

実はユニエアとタイガーエア台湾は、現地のコールセンターの電話番号しか分からなかったのでフロントのお姉さんが電話してくれました。

すごく助かりました!!

ホテルの方が可哀想に思ったのか、前日使ってた電動バイクを無料で貸してくれたので、この日はホテル周辺でのんびり過ごしました。

海を見に行くとすごい波が高かったので、船が欠航になって良かった・・・。
実は、飛行機の揺れは大丈夫だけど、船は大嫌い!!

〈色々とお世話になったホテル〉

〈レンタル電動バイク〉

<広告>



【緑島を脱出】
朝、起きると強風が続いていたので心配になってフロントに行くと、

「今日も飛行機は全便が欠航みたいよ」

と、不運な情報を頂きました。

この日もフロントのお姉さんがすぐに高速船を予約してくれたので船乗り場へ。

本当に船が苦手なので、出来る事なら乗りたくなかったけどしょうがない。
10時30分、覚悟を決めて高速船に乗船!!

〈高速船に乗船〉

揺れがひどかったので50分で到着する予定のところ、約1時間10分で台東に到着。
「無」の気持ちを保ってたので、ギリギリで船酔いを回避しました。

〈なんとか台東へ到着〉

台東の港に到着したあとは少し休憩をしてタクシーで台東空港に移動しました.。

台東空港から台北の松山空港までは、変更しておいた飛行機まで約2時間あったけど、カウンターへ行くと一つ前の便が遅れててすぐに出発するから乗っていいよと言われて、急いで搭乗しました。
待ち時間がなくなったのでラッキーでした!!

〈大雨のなか松山空港に着陸〉

本来は、松山空港に到着してターミナル内の展望デッキで撮影するつもりでしたが雨がひどかったので撮影は諦めました。
翌日は朝が早いので、桃園市内のホテルへ。

【無事に帰国】
変更したタイガーエア台湾の飛行機に出発は6時40分だったので、朝4時にホテルの送迎車で空港へ。
帰りの機内では、ずっと寝てました。

〈バスで飛行機に移動〉

関西空港に到着後、ANAのカウンターへ「欠航証明証」を提出して、この欠航に振り回された旅は終了です。

いつどこで飛行機の欠航に出くわすか分からないので、今回の旅行記が少しでもお役に立てば幸いです。

<広告>



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です