【香港国際空港】撮影ポイント情報

今回は香港で撮影できる日が一日しかないので、一発本番です。
チケットを7ヵ月前に予約したので天気は運次第でしたが、見事に晴れてくれました。

【市内から撮影ポイントまで】
宿泊してる佐敦(ジョーダン)から撮影ポイントまでの移動ですが、出発前にフライトレーダーで確認するとR/W07L着陸、R/W07R離陸だったので空港までバスで向かわず、MTRとバスで向かう事にしました。

まずは、近くの佐敦駅(ジョーダン)からMTRに乗り約15分で茘景駅(リジュン)に到着です。
茘景駅では同じホームで乗り換えれので、とてもスムーズです。

〈停車駅案内〉

〈茘景駅のホーム〉

茘景駅からは終点の東涌駅(トンヨン)まで向かいます。所要約18分。
東涌駅周辺には、ちょっとしたショッピングモールやコンビニ、パン屋など色々あるのでいつもここで昼食と飲み物を買って撮影ポイントに向かいます。

〈東涌駅前〉

〈東涌駅のバス停〉

〈バスの時刻表〉

午前中はR/W07Rの離陸機を狙いたいので、まずはキャセイシティへ「S52」のバスで向かいます。
東涌駅から約8分でキャセイパシフィック航空のあるキャセイシティに着きます。

<広告>



【キャセイシティ連絡通路】
キャセイシティでは、本社ビルと隣のビルを繋ぐ連絡通路から撮影します。
バス停から階段を登った辺りです。

R/W07Rから離陸してきた飛行機が急に建物の向こう側から現れるのでフライトレーダーをしっかり確認して待ち構える必要があります。
A320やB737は早く離陸するので多少腹ばい気味です。
逆に大型機で長距離便は重いので建物や木などが邪魔になって撮影できません。

レンズはA320クラスで450mm、B747で250mm程度です。

〈香港エクスプレスのA320〉

〈B747重い貨物機〉⇒ほぼ撮影不可!!

〈B747軽い貨物機〉

お手洗いは、本社ビルを入ってすぐ左の扉を進むとあります。
ビルの前には自動販売機が1台あるだけですが、暑い日の撮影にはすごく助かります。

〈キャセイ本社ビル〉

<広告>



【HAECOポイント】
ここは香港国際空港での撮影ポイントとしてはすごく有名です。

東涌駅やキャセイシティから「S52」のバスに乗って終点の飛機維修区で降ります。キャセイシティからは色々とバス停に止まりながらなので約15分かかります。

〈キャセイシティバス停〉

〈メンテナンス場バス停〉

バス停からは来た道を2~3分歩いて戻れば撮影ポイントです。
私の場合は、波消しブロックの上で平坦な岩を探し、居心地が良くて撮影に影響無ければ、そこがその日の居場所になります。
ただ、岩と岩の隙間に物を落とさないように気を付けなければなりません。
カメラやスマホなど落とすと終わりです!!

〈撮影ポイントの岩場〉

〈ポイントから右を見ると〉

〈ポイントからの眺め〉

撮影環境としては、R/W07Lへのアプローチ機を狙うので少し距離が遠くなりますが、使用レンズなどはキャセイシティとほぼ変わりありません。
ほぼ一日中順光です。

〈キャセイパシフィック航空のA350(B-LRN)〉

〈エチオピアカーゴ(ET-ARH)〉

〈ビリティッシュエアウェイズのA380(G-XLEK〉

この撮影場所は売店や自販機、お手洗いなど全くありません。
買い出しは東涌駅や空港ターミナル、お手洗いはキャセイシティで済ませておく必要があります。

日差しを遮る物が一切ないので暑い日は、熱中症に気を付けて下さい。
トイレがないから水分を控えめにしてしまいがちですが・・・。

あとHAECOポイントでの注意点として、ランウェイチェンジになると移動に時間がかかるので、ロスが発生する事です。
この日も15時過ぎにランウェイチェンジになったので急いで移動しました!!

【第二ターミナル5階の連絡通路】
HAECOポイントからはキャセイシティでバスを乗り換えてターミナルに行く事ができます。
ターミナルへ向かう場合、行き先に「機場」と書いてあればOKです。

以前はスカイデッキという展望台で撮影してましたが、日差し除けがなくて暑いし入場料が必要なので新しい場所を探して見付けた場所です。

第二ターミナルのレベル5まで行くとチェックインカウンターがあります。
そして北側の出口に向かうと「CAR PARK3」の看板が。
その出口を出た連絡通路が撮影ポイントです。

〈ターミナルから連絡通路への出口〉

〈連絡通路の好きな場所で撮影可能〉

出口を出てすぐ喫煙場所があるので、少し離れる事をオススメします!!
この場所は、R/W25Rへ着陸する飛行機が狙えます。
距離も割と近いので、大きな望遠レンズは必要ありません。

A350で200mm、A320で300mmのレンズがあれば十分です。

〈ルフトハンザドイツ航空のA350(D-AIXE)〉

〈香港航空のA320(B-LPN)〉

第二ターミナルがすぐなので、売店やトイレなど困る事はありません。

今回の撮影機材は、「Canon EOS kiss X5」と「SIGMA 50-500mm」です。

香港国際空港の撮影へ出掛ける際は、是非ご活用下さい。

<広告>



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です