中国東方航空で行くヨーロッパ遠征【チケット手配編】

11月の平日に5日間ほど休みができたので、なかなか行く事のできないヨーロッパ遠征を考えてみました。
現地での滞在は、ほぼ3日間のみです。

まずは、ヨーロッパまでの往復チケットを確保しないといけません。
出発の2カ月前に、いつもお世話になってる「スカイスキャナー」で検索。

11月13日広島出発、11月17日広島帰着で調べると最安値が中国東方航空!!
中国東方航空だと上海乗り継ぎでロンドン、パリ、ローマのどこかに入る事になります。
色々な組み合わせで調べるとチケットが安くなるのが往路ロンドンイン、復路パリアウトでした。

このルートだと、ロンドンには同日着。
パリからは夜発なので目一杯、現地での滞在が可能です。
しかも上海でも乗り継ぎ時間が2~3時間ととてもスムーズです。

<広告>



次は、ヨーロッパのどこの空港で撮影するか決めます。
まずロンドン・ヒースロー空港は確定です。帰る日はパリで撮影するとスケジュール的に楽になるけどパリ・シャルルドゴール空港は基本的に撮影NG!!しかも罰金制!!

なので、行ったことないオランダで検討。
空港での撮影環境は良さそうだし、貨物機が狙えそうなのでアムステルダムに決めました。

そこで、思いついたのが中国東方航空のチケットをアムステルダムアウトにすると・・・

★広島⇒上海⇒ロンドン//パリ⇒上海⇒広島  合計 59,860円
★広島⇒上海⇒ロンドン//アムステルダム⇒パリ⇒上海⇒広島  合計 67,130円

中国東方航空とKLMオランダ航空は同じスカイチームなのでアムステルダム⇒パリを安く付ける事ができたようです。
単純にアムステルダム⇒パリをKLMオランダ航空で検索すると約13,000円でした。

今回、撮影できるのは中3日だけなので決めないといけないのは残り1空港。
ヨーロッパ内で撮影しやすい空港を探してるとミュンヘンが浮上。
ミュンヘン空港の外周へ行けば確実にスポティング写真が撮れる事が分かりました!!

これで撮影する3空港が決定したので、ヨーロッパ内のチケットを手配です。
LCCだと安いけど遅れて予定が狂う危険性があるので、大手キャリアで手配をした内容がコチラ。

≪旅行スケジュールとチケット代金≫
11月13日 MU293便 広島 09:20 ⇒ 上海/浦東 11:00
11月13日 MU551便 上海/浦東 13:00 ⇒ ロンドン/ヒースロー 17:45
11月14日 BA956便 ロンドン/ヒースロー 17:10 ⇒ ミュンヘン 20:05
11月15日 LH2308便 ミュンヘン 17:40 ⇒ アムステルダム 19:15
11月16日 KL1243便 アムステルダム 16:25 ⇒ パリ/シャルルドゴール 17:45
11月16日 MU570便 パリ/シャルドゴール 20:05 ⇒ 上海/浦東 14:50(+1)
11月17日 MU293便 上海/浦東 17:40 ⇒ 広島 20:40

中国東方航空&KLMオランダ航空 67,130円
ブリティッシュエアウェイズ 105ユーロ(約16,000円)
ルフトハンザドイツ航空 122ユーロ(約18,300円)

〈撮影日程〉
★11月14日 ロンドン・ヒースロー空港
★11月15日 ミュンヘン空港
★11月16日 アムステルダム空港

<広告>



ちなみに、同じ日程でロンドンの往復を調べるとJALやANAが同じようなスケジュールで出てきました。
しかし、料金はほぼ中国東方航空の2倍です!!
JALやANAで長距離便に乗るのは憧れますが。

往復チケットだけで13~14万円は一般庶民にはキツイです!!
上級会員を目指してるワケではないので、諦めました。

あと羽田、ドーハで2回乗り換えのカタール航空が10万円前後でしたが、時間がかかり過ぎるので広島発着の短期滞在には向いないので諦めました。

中国の航空会社は良く遅れるし、サービスが悪いし、食事が美味しくないし。
など色々と悪い評判を聞きますが、その実情は次回レポートしたいと思います。

<広告>



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です