中国系航空会社の安いチケットでロンドンまで行ってみた【中国東方航空編】

ヨーロッパへ安く行こうとして料金を検索すると必ず出てくるのが中国系の航空会社です。

そんな安い料金を提供しているのは主に中国国際航空、中国東方航空、中国南方航空。
LCCでもないのに、LCC以上に安い料金なので気になる方は多いと思います。

こんなに安いと不安になるので避ける方もいると思います。
実際、中国系の航空会社に乗ると何が違うのかまとめてみました。

今回のチケットは11月出発、中国東方航空利用、ルートは広島~上海~ロンドン/パリ~上海~広島の4区間で6万円弱です。
航空券代金の他に燃油サーチャージやTAX等も含まれています。

【予約】
予約は通常通り、ネットを通して旅行会社から購入しました。

【ウェブチェックイン】
中国東方航空の日本発はウェブチェックインに対応してないようです。

【座席指定】
今回はJTB系の旅行会社を利用したので、事前に座席指定できました。
利用する旅行会社によっては座席指定やマイレージ番号登録をしてくれない場合があります。

<広告>



≪MU294便・広島~上海/浦東≫

【チェックイン】
広島空港でのチェックインは、チャイナエアラインと出発時刻が重なるのでかなり並ばされますが日本人が対応してくれるので言語は問題ありません。

【機材&座席】
使用機材はA319で、エコノミーの座席配列は3列&3列です。
シートピッチはLCCほど狭くなく通常のエコノミーと言った感じです。

〈搭乗したA319〉

〈機内の様子〉

【CA対応】
日本人CAさんが1名乗っていたので日本語でのアナウンスがありました。
以前は不愛想な対応をするCAさんはいましたが、最近はほぼ見掛けません。

【機内食】
これは気になる項目だと思います!!
量は少し少なめ。味は普通。(チャーハン)
※日本を早朝に出発する便は日本側で作られた物だと思います。

〈機内食のチャーハン〉

【アメニティ】
特に何も配られませんが、希望者には毛布を貸してくれます。
中国の出入国カードが配布されます。

【エンターテイメント】
座席にはディスプレイなし。充電用USBポートなし。
座席上の画面でオモシロ動画が流れていました。

【到着時】
上海の浦東空港は新しいターミナルを建築中で、搭乗ゲートが全く足りてないようです。
飛行機を降りてターミナルまでバスで約10分の移動が必要でした。

〈バスでターミナルまで移動〉

<広告>



≪MU551便・上海/浦東~ロンドン/ヒースロー≫

【搭乗】
通常の大手航空会社と同様に、優先搭乗がありました。
長距離便ということもあり出発の45分前から搭乗開始になりました。

【機材&座席】
使用機材はB777-300で、エコノミーの座席配列は3列&4列&3列です。
シートピッチも大型機なので多少広く感じました。

〈搭乗したB777-300〉

〈機内の様子〉

【CA対応】
日本人CAは乗っていませんでした。機内でのアナウンスは中国語と英語です。
全体的に若いCAさんが多いなと思いました。対応は良くもなく悪くもなく。

【機内食】
1回目の機内食は離陸1時間後に配られました。
選んだのはチキンです。
なぜかご飯がギュウギュウに詰まってて食べにくい。全体的にも量は少ないです。
パンはお願いすれば何個でももらえるようです。

〈機内食のチキン〉

2回目の機内食は離陸5時間後にリフレッシュメントとしてサンドウィッチでした。
パンが少しパサパサしていたのが気になりました。

〈サンドウィッチ〉

3回目の機内食は到着の2時間前。
座席が後方だったので選ぶことができず出てきた物を食べました。
今回もご飯はギューギュー。料理の味付けは中華風です。

〈到着前の機内食〉

【アメニティ】
飛行機に乗り込むと座席にはミニクッションと毛布が置かれています。
到着前には現地の入国カードの配布がありました。

〈搭乗した時の座席〉

【エンターテイメント】
一席に一つずつディスプレイが利用できます。
日本語を選択すると操作しやすいですが、日本語に対応している映画は1~2本だけでした。ほぼ利用できないと思った方が良いかも・・・。(変な日本語が多いです)
充電用のUSBポートがあるのでスマホやタブレットの充電に使用できます。

<広告>



≪ 総 評 ≫

中国系航空会社と聞くと「汚い」「食事が不味い」「とにかく遅れる」「サービスが悪い」「欠航になりやすい」「機内がウルサイ」などと評判の噂があったり、なかったり。

ただ、今回のヨーロッパ往復を含めて中国東方航空には何度もお世話になっていますが、ほぼ遅れた事はありません。今回のロンドン到着は予定時刻より37分も早く到着しました。

CAさんの対応については悪いと思った事はなく、逆に極端に良いとも思わず。
全体的に英語が通じるので困る事はほとんどありません。
日本人は中国人と間違われやすいので、中国語で話し掛けられる事が多いです。イラッとしないように!!

機内食に関しては、上記で書いたように美味しくもなく不味くもなく!!中国発の便は味付けが中華風です。
無料で提供されるので、LCCで追加料金を払って食べるよりは良いかも。

これまで中国人客しか乗ってないフライトを何度も経験しましたが、中国からヨーロッパに向かう便に関しては中国人客の割合が少なかったり、団体客があまりいないので騒がしい事はないと思います。
アジア内のフライトは中国人観光客が多いので騒がしいです。

あと、一つ大事な項目として「トイレ」の話しです!!
今回は最後列の座席が確保できたので使用するトイレは毎回、機内の後方で使用する人が多い場所を利用しました。
飛行機に乗ってすぐは綺麗ですが、時間が経つにつれトイレは汚れます。
汚れるのは普通の事ですが、フライト中に一度も清掃している様子はありませんでした。

ロンドン到着前にトイレへ入ると正直「汚い」!!
便座を使用される場合は、自分でアルコールペーパーを用意しておく事をオススメします。
トイレ内のゴミ箱もパンパンを通り越して溢れかえってました。

〈綺麗な状態のトイレ〉

とにかく安く旅行したい人には、中国系の航空会社はオススメできます!!
セールなどの期間に予約できると本当に安い場合があります。
機内でのサービスや食事など気にしない方、飛行機はずっと寝てるので移動手段として考えてるだけと言った方には問題ないと思います。

個人的には中国東方航空はお気に入りです!!
なぜなら、広島から安い料金で海外へ出掛けられるから。
地方在住者には強い味方かもしれません。

中国系の航空会社を利用しようか悩んでる方は参考にしてみて下さい。

<広告>



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です