上海・浦東空港での乗り換え方法【国際線⇒国際線編】

日本から中国東方航空の安いチケットを利用してアジアやヨーロッパへ出掛けようと思うと、必ず上海の浦東空港で乗り換える事になると思います。

そこで以外に簡単な浦東空港での乗り換え方法をレポートしたいと思います。

【日本の出発空港にて】
まずは日本の空港で目的地までの通しのチェックインをする必要があります。
基本は、日本の空港~上海/上海~目的地の2区間になると思います。

≪2区間分のボーディングパス≫

中国東方航空は日本発の場合、ウェブチェックインに対応してないので空港でチェックインしてボーディングパスを受け取ります。
その際に、写真にあるような乗り継ぎの案内と丸いシールがもらえるます。
もらえない事もあるので、写真を参考にしてみて下さい。
丸いシールは意味ないので必要ないです。(誰も付けてません)

≪乗り継ぎの案内≫

≪乗り継ぎ客のシール≫

<広告>



【上海・浦東空港にて】
最近の浦東空港はゲートが全く足りてないので、かなりの確率で到着後バスでターミナルに移動する事になると思います。

≪バスでターミナルまで移動≫

ターミナルに到着後は、流れに乗って入国審査場の手前まで行きます。
なぜか金属探知機を通らされるので、国際線乗り継ぎの方はその金属探知機を通ってすぐ左に行きます。
真っすぐ進むと中国人の入国審査場、右へ行くと外国人の入国審査場です。

≪金属探知機前≫

≪乗り継ぎゲート入口≫

迷いなく突き進むと、乗り継ぎ客専用の自動ゲートが現れます。
そこでは、次に乗る飛行機のボーディングパスとパスポートをかざします。
ボーディングパスを読み取らなかったり、パスポートの向きや位置が悪くて読み取らない事がよくありますが、粘り強く頑張ってみて下さい。

≪自動乗り継ぎゲート≫

乗り継ぎゲートを無事に通り抜けるとエスカレーターで上の階へ上がります。
上の階に行くと、セキュリティゲートが目の前にあります。
ここでは、通常通りペットボトルなど没収されるので気を付けて下さい。

セキュリティゲートを抜けるとそこがゲートエリアです。
バスでターミナルに到着して、ゲートエリアまでの到着するのにかかる所要時間は問題がなければ約10分から15分です。
あとは、自分の搭乗ゲートを確認して乗り継ぐだけ!!

すごく簡単な浦東空港の乗り継ぎなので是非、中国東方航空を利用してみて下さい。

※今回は日本国籍の方を前提にしております。外国籍の方は乗り継ぎ方法が違う場合があります。

<広告>



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です