プライオリティパスを簡単に入手!!

ヨーロッパへの遠征を控えて、突然プライオリティパスがあった方が便利かもと思い、発行する事にしました。

プライオリティパスがあれば自分が利用する航空会社がLCCでも、エコノミークラスの利用者でも、誰でも世界400以上の空港で700以上のラウンジが利用できます。
飛行機での移動が多い出張者や、乗り継ぎ時間が長くなりそうな時は特に役立つと思います!!

今回は、発行を思いついた時点でヨーロッパへ旅立つ日まで1カ月を切ってました。
とりあえずプライオリティパスを発行する為に「楽天プレミアムカード」を発行しないといけません。

プライオリティパスを普通に申し込もうと思うと年会費が399ドル必要です。
でも、楽天プレミアムカードに入会すると10,800円の年会費で399ドル分のプライオリティパスに加入できます。
こんなオイシイ話はありません!!

プライオリティパスで入れる有料ラウンジを利用しようと思うと1回あたり39ドル払わないといけません。
単純計算で1年間に3回だけ利用すれば、楽天プレミアムカードの年会費を超えてしまいます!!

<広告>



まずは、通常の楽天カードから楽天プレミアムカードへ切り替えの申し込みをします。
数日で審査が通った旨のメールが届きました。
が、プライオリティパスを申し込むには楽天プレミアムカードが手元に届いてから自分で会員専用サイトより申し込む流れになります。

この時点で出発まで約2週間。
間に合わない可能性があるので、プレミアム会員の特権を生かして専用の電話番号に電話を掛けて相談してみました!!

出発までにプライオリティパスが手元に届くようにしたいので、すぐに発行の手続きをお願いできないか聞いてみるとあっさり「OK」の回答が。
楽天プレミアムカードの到着を待たずして発行の手続きに入れました。

お陰様で約10日後にはプライオリティパスが手元に!!
ヨーロッパ遠征の出発までに無事にプライオリティパスを手に入れる事ができました。

≪プライオリティパス≫

ちなみに楽天プレミアムカードへ加入するとプライオリティパスの他に、海外旅行保険が5,000万円、国内旅行保険が5,000万円、国内主要空港でのカードラウンジ利用などの特典も付いてきます。

次回は、ヨーロッパ遠征で利用した空港でのラウンジを紹介したいと思います。

<広告>



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です