プライオリティパス初体験!!

今回のヨーロッパ遠征では、ロンドンのヒースロー空港、ドイツのミュンヘン空港、オランダのアムステルダム空港でラウンジを利用しました。
あと、上海の浦東空港での乗り継ぎ時間を利用してラウンジを初体験です。

事前に「プライオリティパス」というアプリで各空港のラウンジ情報を読み込ませておけば、Wifiが使えなくてもオフラインでラウンジ情報を見る事ができます。

【上海・浦東空港】
まずは、乗り継ぎ地の浦東空港で初めてプライオリティパスを利用してラウンジに入ります。

ターミナル1の18番ゲートと19番ゲートの間にある「ファーストクラスラウンジ」へ入り、カウンターでボーディングパスとプライオリティパスを提出し、サインをすると簡単に入室できました。
入口の左側はビジネスラウンジ、右側はファーストラウンジ。
どちらを使って良いのか分からず聞いてみると、どちらでも良いとの事でしたので迷わずファーストララウンジへ!!

≪ラウンジ入口≫

中はそんなに広くなく、自然光を利用しているので少し暗いイメージです。
軽食は小腹を満たせる物がある程度です。
個人的には中華風焼きそばが気に入りました!!

ドリンクはそれなりに種類が用意されています。
中国のビールもありますが、あまり冷えてない感じでした。

≪カウンターの様子≫

乗り継ぎの際に、セキュリティゲートを通って持っていたペットボトルがすべて没収されたので、こういった時は無料で何か飲めるとわざわざ買う必要がなく助かります。

<広告>



【ロンドン・ヒースロー空港】
ヒースロー空港はターミナル5を利用したので「ASPIREラウンジ」へ。
セキュリティゲートを抜けて右へひたすら進むと突き当りにラウンジがあります。

≪ラウンジ入口≫

中へ入ると、オシャレですごく綺麗。
軽食はマフィンなどコーヒーショップの様なラインナップです。
もちろんアルコールも用意されています。

≪ラウンジ内の様子≫

≪カウンターの様子≫

【ミュンヘン空港】
ミュンヘンでは、レンタカーを利用してギリギリまで外周で撮影してたのでラウンジに行く時間がなくなってしまいました。
残念...。

<広告>



【アムステルダム・スキポール空港】
アムステルダムでは、早めにチェックインを済ませてラウンジでゆっくりする事を前もって決めていたので時間はたっぷりありました。

≪ラウンジ入口≫

ターミナル1からパリ行の便を利用するので「ASPIREラウンジ」です。セキュリティゲートを抜けて右へ行き、ラウンジが集まってるエリアへ向かうエスカレーターで1つ上の階へ!!
ラウンジの中へ入ると、こちらもオシャレな造りです。
でも椅子の数が意外に少ないのか、空いている席を探すのが大変でした。

軽食やドリンクなど軽めですが一通りの物が揃ってます。

≪ラウンジ内の様子≫

≪カウンターの様子≫

ラウンジでゆっくりしているとKLMオランダ航空から搭乗予定の便が「遅延します」とメールが届いて慌てて搭乗ゲートへ向かったので結果的にラウンジを満喫する事はできませんでした。

【総評】
今回の旅行では上海で2回、ロンドン、アムステルダムと合計4回利用できました。

通常、ラウンジを利用しようとすると1回39ドル(約4,000円)が必要です。
でも楽天プレミアムカードからプライオリティパスを発行すると年会費10,800円だけです。
もう既にカードの年会費の元を取ってしまいました!!

航空会社やアライアンスの上級会員になっていない方はラウンジなど利用できないのでプライオリティパスを持って旅に出掛けるとワンランク上の旅が手軽に手に入るのでとてもオススメです!!

<広告>



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です